skip To Content skip To Navigation

【20%OFF】ブラックフライデー好評開催中

 

メルマガ会員新規登録で10%OFF クーポンプレゼント中!

 

「JACK WOLFSKIN DISCOVERY CLUB」
Event Report #6
日常の中の非日常を楽しむ
サイクリング&コーヒー焙煎体験

4月からスタートした「JACK WOLFSKIN DISCOVERY CLUB」も、第6弾!
最新のE-BIKEで多摩川サイクリング。そして、タープの下でコーヒー焙煎をする「都市型デイキャンプ」イベントを2022年10月15日に開催しました。

JACK WOLFSKIN DISCOVERY CLUBとは


ジャック・ウルフスキンでは、自然の中で新しい経験、新しい自分を発見するアクティビティができるイベントを月に1回開催しています。2022年の最終回となる今回は、電動アシスト自転車専門店のモトベロさんと葉山ログキャビンコーヒーさんとのコラボレーションイベントということもあり、あっという間にご応募者が定員に達しました。
「JACK WOLFSKIN DISCOVERY CLUB」の過去のイベントレポートはこちら

今回のイベントは、最新の電動アシスト自転車をレンタルして、多摩川をサイクリング。
それも、電動アシスト自転車専門店モトベロさんの全面協力の元、とてもスタイリッシュな電動アシスト自転車をお借りできました。
多摩川を上流へ16km程サイクリングした後は、郷土の森のBBQ場でコーヒー焙煎体験!
そこでは、葉山ログキャビンコーヒーさんの全面協力の元、コーヒー豆の焙煎体験をしました。
焙煎体験をしたのち、お客様ご自身で焙煎したコーヒー豆を使ったドリップコーヒーを飲み、ゆるやかな時間を過ごしました。その後は、また多摩川サイクリングロードを下って二子玉川にあるモトベロさんの店舗に帰ってくるおよそ4時間のツアーでした。
盛りだくさんの内容に加え、レンタル電動付きアシスト自転車やヘルメットの他、コーヒー焙煎に関する機材も全てご用意してありましたので、手ぶらで気軽に申し込める内容のイベントでした。

電動アシスト自転車専門店「motovelo」さん全面協力のサイクリング

集合場所は、二子玉川ライズS.C.に位置する人気の電動アシスト自転車専門店 モトベロ二子玉川!
今回は、モトベロさんでも特に人気のある電動アシスト自転車をご用意していただきました。

朝の9時。当日の天気は曇天ながら、続々とご参加者が集まっていらっしゃいます。

まずはモトベロのスタッフが、ご参加者それぞれに最新の電動アシスト付き自転車をご紹介して、セッティングしていきます。
皆さん、興味深々で、短い間に色々な説明を聞き、いよいよ出発です!

走りやすい多摩川サイクリングロードを16kmライド。
モトベロ二子玉川の横には、多摩川が流れており、その両脇の河川敷にはサイクリングロードが整備されています。
10名の参加者と、モトベロさんの引率スタッフ2名を加えて12名のパーティ。
多摩川サイクリングロードは、やや狭いところもあるため、6名ずつの2チームに分けてスタートしました。

二子玉川から、府中郷土の森公園まで約16km。2回休憩をとりながら1時間かけて走ります。

サイクリングを楽しいものにするジャック・ウルフスキンのサイクルバッグ


小型のテントも収納できる容量を兼ね備えた、ジャック・ウルフスキンのバイクバッグをフル装備でまとったバイクも一台並走しました。難易度が高いと思われがちなバイクキャンプもデイキャンプからスタートすると気軽に行けると思いますのでご興味ある方はぜひサイトをご覧になってみてください。
【COLLECTIONS BIKE SERIES】

郷土の森では、焙煎士の山口さんがお出迎え

二子玉川から、電動アシスト自転車を漕ぐこと1時間。
郷土の森公園に到着です!
葉山ログキャビンコーヒーの焙煎士 山口さんが、参加者をお出迎えしてくれます。

それぞれが楽しいコーヒー焙煎ワークショップ

すこし休憩していただいた後、山口さんによるコーヒー焙煎についての説明が始まりました。
コーヒー焙煎は、初めての方も多く、みなさん真剣な面持ちで聞いていらっしゃいます。



それぞれの席に、ガスコンロやシングルバーナーが置いてあり、それぞれ生豆から炙っていきます。
火をつけて、遠目に網に入れた生豆を振っていきます。
うす~く煙が出始めますので、ひたすら網を振り続けます。しばらく炒っていると、「パチパチッ」と高い音が聞こえ、それを「1ハゼ」と言うそうです。
さらに振っていくと、もう少し低い音で「バチバチッ」と聞こえてきます。それを「2ハゼ」と呼ぶそうです。。
1ハゼで、焙煎をやめると浅煎り、1ハゼ~2ハゼの間が中煎り、2ハゼ以降で深煎りとのことです。
同じ豆でも人や火の強さ、時間など様々な要素によって、味が変わってくるため、焙煎には人それぞれ楽しみ方があるそうです。

人によって、色も香りも違いが出てきます。

焙煎が終わった方から、ミルで豆を挽いていき、ふんわりと挽き立てのコーヒーの香りがあたりに広がります。

そして各自でコーヒーを入れ、のんびりとした時間を過ごします。

みんなで楽しく集合写真。そして帰路へ。
各々がのんびりとした時間を過ごした後は、いよいよ出発の時間です。
最後に集合写真を撮影!!

帰りも多摩川サイクリングロードを、1時間かけて帰ります。



しっかりと休んだせいか、帰路は休憩時間もあまり取らずに、あっという間に二子玉川へ戻り、イベントは終了となりました。

都会で楽しむデイキャンプで新しい楽しみを発見
ご参加者の中には、電動アシストバイクも、コーヒー焙煎も初めてという方も多く、とにかく新しいことができて楽しかったとのお声もいただきました。
「JACK WOLFSKIN DISCOVERY CLUB」では、
夜の鎌倉の山を歩いたり、海水浴場でキャンプをしたり、自然の中で新しい楽しみ方を見つけるためのアウトドアアクティビティを提案してきましたが、今回のサイクリング&コーヒー焙煎でも新しい発見を皆さまが見つけていただけたなら、とても嬉しく思います。

今回は比較的都心に近い二子玉川からでも、電動アシストバイクを使って16km移動することで、のんびりとデイキャンプすることができました。
また、コーヒー焙煎を体験することで、日ごろコーヒーを飲みなれた方であっても新しい楽しみ方を発見することができたのではないでしょうか。自然は常に身近にあるので、ぜひ気軽に様々なアクティビティの体験に飛び込んでみていただきたいと思います。きっと新しい発見をすることができると思います。
今後も、様々な発見のきっかけをご提供できるように、「JACK WOLFSKIN DISCOVERY CLUB」を開催していきたいと思います。是非、ご期待ください。



【協力】
■モトベロ
https://www.motovelo.co.jp/
https://www.instagram.com/motovelo_ebike/

■ 山口徹/HAYAMA LOG CABIN COFFEE焙煎士
コーヒーの美しさに惹かれ、人気の多い街並みから葉山へ移住。ログハウスで珈琲焙煎をしながらコーヒー器具を作る生活を送る。美しく華やいだ海、深い緑をたたえる山、双方の魅力を兼ね備える葉山で作られる自身のブランド「HAYAMA LOG CABIN COFFEE」は珈琲が苦手な人にも飲めると人気。
https://logcabin.shopselect.net/
https://www.instagram.com/hayama_logcabin_coffee/