skip To Content skip To Navigation

2021 SPRING SUMMER LOOK BOOK

 

メルマガ会員新規登録で10%OFF クーポンプレゼント

 

ストリートカルチャー
×
レトロ・アーカイブ・パック

ジャック・ウルフスキンのブランド創設40周年を記念するスペシャルカプセルコレクション「レトロ・アーカイブ・パック(RETRO ARCHIVE PACK)」を、ストリートカルチャーマガジン「OLLIE」が独自の視点で表現した世界観を紹介します。

VOL.1

ドイツ発のポップなカラーを纏い
心も体も解放されるキャンプへ

80~90sを代表するデザインを復刻した、レトロ・アーカイブ・パックをSURFSKATECAMPのJUNとその仲間たちが身に纏い、シューティングを敢行。
心も体も解放されるキャンプは、こんなポップさと機能性を兼ね備えたウェアが+αで彩ってくれる。

READ MORE READ MORE
vol1
VOL.2

バッグいらずの機能性を纏い
コンクリートジャングルへ

キャンプや登山はあまりやらなくても、「そのロゴ、古着屋で見たことある!」という人も多いはず。そんなブランドの誕生40周年を記念した"レトロ・アーカイブ・パック"は、アウトドアシーンだけじゃなく、街でアクティブに遊ぶユースにもオススメしたい。

READ MORE READ MORE
vol2
VOL.1

ドイツ発のポップなカラーを纏い
心も体も解放されるキャンプへ

情報社会が進む2021年のいま、休みの日に何をするかの選択肢があまりにも多すぎて、結局何をするか考えるだけで疲れちゃったり。そんな時はいっそのこと山や川へ出かけて、たまには自然と1対1で向き合える時間が欲しい。そこではキャンプを楽しむのと同じくらい、どんな服を着るかもアウトドアの醍醐味で、ここではドイツ発のブランド、ジャック・ウルフスキンを激プッシュ!日本ではあまり知られていないかもしれないけど、ドイツに行けば誰もが着ている、いわば”故郷の服(?)”的なブランドで、ただのイロモノじゃない服で周りと差をつけることができる。そして、主に90sのU.S.ラッパーが愛用していたアウトドアウェアの、イエローやブルーやレッドを使ったデザインは、ジャック・ウルフスキンが先駆けでもあるのだ。そんな当時の80~90sを代表するデザインを復刻した、レトロ・アーカイブ・パックをSURFSKATECAMPのJUNとその仲間たちが身に纏い、シューティングを敢行。月に一度はキャンプに出かけるというリアルなキャンプ好きの4人が、どう着こなしているかも参考にしてみて欲しい。心も体も解放されるキャンプは、こんなポップさと機能性を兼ね備えたウェアが+αで彩ってくれる。

Photograph_Ryo Sato
Model_Jun, Shunsuke Henmi, Tatsuya Ando, Daiki Mori

左から
●JP VAGABOUND2.0 HAT¥5,500、JP SURVIVOR2.0 VEST¥15,400
●JP BLIZZARD+WATERLINE2.0¥24,200、JP STAYAWAY 2.0 SHORTS ¥9,900
●JP TRAILRIDER2.0 JACKET¥26,400、JP VAGABOUND2.0 HAT¥5,500
●JP WESTWIND 2.0 CAP ¥4,950、JP SACK DETAILS RETRO LS T ¥7,040、JP TANGO+LIMBO2.0SHORTS¥9,790

グッズ
EXPEDITION TRUNK 65 ¥20,790
KAROO 0.75 ¥4,070
KOLE 0.35 ¥3,850

VOL.2

バッグいらずの機能性を纏い
コンクリートジャングルへ

狼の足跡のロゴがトレードマークのジャック・ウルフスキンは、1981年にドイツで産声をあげたアウトドアブランド。キャンプや登山はあまりやらなくても、「そのロゴ、古着屋で見たことある!」という人も多いはず。そんなブランドの誕生40周年を記念した“レトロ・アーカイブ・パック”は、アウトドアシーンだけじゃなく、街でアクティブに遊ぶユースにもオススメしたい。なぜなら、財布やZINEでも余裕で入る大きさのポケットがついたジャケットや、iPhoneや小銭、ちょっとした小物などを小分けに収納して必要なときにすぐ取り出せるベストなど、最小の荷物だけを持って身軽に動き回りたいスケーターにはうってつけだから。それに、オリジナルの防水透湿素材=“Texapore”を採用していて、防水性はもちろんのこと透湿性も◎。気づいたら汗だくで体がベタベタする・・・なんていうスケーターならではの悩みを解消してくれる優れモノだ。ブランド設立当時のアイテムがアップデートされた本作をスケーターが着こなし、80~90sと2021年の東京を繋ぐようなヒトコマを。

Photograph_Ryo Sato
Model_Sofuto, Hyo, Ryohi, Ruca, Sophie

左から
●JP BLIZZARD+WATERLINE2.0¥24,200、JP VAGABOUND2.0 HAT¥5,500
●JP TRAILRIDER2.0 JACKET¥26,400、JP SACK DETAILS RETRO LS T ¥7,040、JP STAYAWAY 2.0 SHORTS ¥9,900
●JP BLIZZARD+WATERLINE2.0¥24,200
●JP SURVIVOR2.0 VEST¥15,400、JP WESTWIND 2.0 CAP ¥4,950、JP CITY TRAIL ZILE PACK ¥5,940
●JP SURVIVOR2.0 VEST¥15,400、JP SACK DETAILS RETRO LS T ¥7,040、JP TANGO+LIMBO2.0SHORTS¥9,790、JP STL COTTON AOP BUCKET HAT ¥5,940